睡眠時無呼吸症候群

  • 睡眠時無呼吸症候群とは?

    眠る男性睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)とは、その名の通り「睡眠時」に「無呼吸」になってしまう病気です。定義としては7時間の睡眠中に10秒以上の無呼吸状態が30回以上起こる、また睡眠1時間あたりに無呼吸数や低呼吸数が5回以上起こる事を言います。睡眠時に呼吸が止まると死んでしまうのでは?と思われがちですが、死ぬことはありません。

    しかし無呼吸状態に陥ると、酸素が不足して臓器に負担がかかり、高血圧や心不全、糖尿病など生活習慣病との合併症を起こしたり、十分睡眠がとれず日中眠くなり、居眠り運転の原因ともなります。
  • 睡眠時無呼吸症候群の症状

    眠る女性・いびきがうるさいと言われたことがある
    ・日中、耐え難い眠気がある
    ・朝起きると頭痛がする
    ・夜中、何度もトイレに行く・記憶力が低下した
    ・勃起不全(ED)
    ・熟睡感がない
  • 睡眠時無呼吸症候群の原因

    口呼吸

    ◆口呼吸

    鼻が詰まっている人や、普段から口呼吸の人は、寝ている時も口呼吸をしている場合が多いです。寝ている時も口呼吸だと、口の周りの筋肉が緩んで気道が狭くなり、舌が垂れやすくなります。また、乾燥した冷たい空気や細菌が口から体内に取りこまれるので、口腔内や喉が乾燥し、風邪や口臭、歯周病の原因ともなります。
  • 老夫婦

    ◆骨格や肥満、筋肉の衰え

    日本人は元々顎が小さいです。顎が小さいと歯並びが乱れ、舌の収まるスペースが十分にとれず、睡眠時に押し出された舌が気道を圧迫してしまう事があります。また、肥満になると首や喉の周りにも脂肪がつき、舌も太くなるため気道が狭くなり、無呼吸状態やいびきが起こりやすくなります。また、加齢により舌や咽頭の筋肉が衰えると舌が気道に落ちやすくなります。
  • 風邪をひいた女性

    ◆口蓋扁桃、口蓋垂等の肥大

    口蓋扁桃(こうがいへんとう)とは、口蓋垂(のどちんこ)の両端にあるリンパ組織の一種で、一般的に「扁桃腺」と呼ばれている所です。扁桃は外部から侵入してくるウイルスや細菌などから喉の粘膜を守るなど免疫の働きをしています。風邪やウイルスによって扁桃が炎症を起こして腫れたり、肥大していると肺から鼻までの気道が狭くなり、いびきや睡眠時無呼吸症候群を引き起こします。
  • 睡眠時無呼吸症候群の治療

    スリープスプリント

    ◆スリープスプリント

    気道を確保して呼吸を楽にするマウスピースを装着します。体に負担がかからず、装着するだけでかなりのいびき改善効果が認められます。通院も数回と短く、持ち運びもできますので、旅行先や出張などにも最適です。お口の状態(重度の歯周病、歯の本数など)や鼻などに病気がある場合は、先にそちらの治療を行う場合があります。