義歯

  • おいしく食事、楽しく会話ができていますか?

    煎餅を食べる老人義歯が合わなくて痛い、ガタついて安定しない、満足に噛めない、食事がおいしく食べられないなど、患者様一人一人のお悩みにお応えするするため、様々な種類の義歯をご用意しております。

    合わない義歯を使用していると、顎の筋肉が弱り、骨にも悪影響を与えるなど悪循環が続きます。それだけではなく、顎の変型は身体全体の骨格に影響を及ぼし、肩こりや頭痛などの原因となってしまうこともあります。まずは、歯の状態やお悩みを詳しくお伝えください。患者さんに合う快適な義歯がきっと見つかるはずです。
  • 義歯の種類

    ソフトデンチャー

    ◆ソフトデンチャー

    入れ歯をはめると、歯茎やあごの骨の形により痛みを感じる場合があります。そんな場合にはソフトデンチャーがお薦めです。弾力のあるゴム状の樹脂を使用しているため痛みを感じません。
  • スルフォンデンチャー(保険適用)

    ◆スルフォンデンチャー(保険適用)

    においや汚れが付きにくいので、においを気にする方にお薦めです。その上、熱に強く煮沸消毒ができ、清潔さを保てます。耐久性にも優れ、破損しにくい入れ歯です
  • 貴金属(ゴールド)

    ◆貴金属(ゴールド)

    貴金属は腐食による変色が起こらず、精密な加工をしやすい金属です。適合性も良く体にやさしいだけでなく、主に金や白金の使用で、ゴールドならではの美しい輝きを実現します。
  • チタンキャストプレート

    ◆チタンキャストプレート

    近年ゴルフクラブやメガネ、腕時計などに使われている最先端金属チタンが素材の入れ歯です。チタンは軽いだけでなく、アレルギー反応を起こしにくい体にとても優しい金属です。
  • コバルトクロムプレート

    ◆コバルトクロムプレート

    保険入れ歯の3分の1の薄さで、熱の伝わりも良く快適な状態で永くお使いいただくことができる入れ歯です。良いものを永く使いたいという方にお薦めです。